×

商品詳細

メグスリノキ商品

ページ一覧

HOME»  ブログ»  緑内障»  緑内障になってしまったら治し方はあるの?

緑内障になってしまったら治し方はあるの?

緑内障になってしまったら治し方はあるの?

緑内障になってしまったら治し方はあるの?

緑内障の治し方

緑内障ってどんな病気?

緑内障はいろいろなことが原因で、目の奥にある視神経が圧迫されたりすることで発症しますが、多くは“眼圧”が上がることが原因。進行すると見える範囲が狭くなったりするなどの症状が出たりしてきます。

緑内障にかかる人はとても多く、40歳以上で20人にひとり、60歳以上の高齢になると10人にひとりの1割以上の方が緑内障にかかると言われています。それでも本人は緑内障の自覚症状がわからずに、いつの間にか進行してしまっているケースがほとんどです。

残念なことに、日本では緑内障が失明する原因の第一位になっているので、早期に発見して適切な治療をすることが大切になります。逆に言えば早期発見をして適切な治療をすれば、しっかりと視力と視野を保つことができます。

 

緑内障の症状は?

緑内障は視野がだんだんと狭くなってきたり、視野の一部が欠けるなどの症状が出てきます。その進行が基本的には非常にゆっくりで、片方の目だけの症状が進むことが多く、ほとんど自覚症状がないまま本人は気が付かないうちに緑内障が少しづつ進み、重症化してしまうことが多いようです。

緑内障の患者数はとても多くて、40歳以上で20人に1人、60歳以上では10人に1人は緑内障だといわれています。そしてこの緑内障が、日本人にとって全体の失明原因の4分の1を超える数になっています。

 

治し方はあるの?

残念ながら緑内障なって、狭くなってしまった視野や視野の欠損部分は医者に行って処置をしても、元通りにする治し方はありません。
高くなった眼圧で傷つき、死んでしまった視神経が元に戻ることはないためです。

そのために緑内障は、早期発見と治療を開始して進行を遅らせることがとても大事になります。

症状や進行具合によって、点眼薬、レーザー治療、手術などが検討されますが、基本的には眼圧を下げて緑内障の進行をできるだけ遅らせることが治療になります。

緑内障になってしまったら生涯管理をする必要がありますが、現在の生活を大きく変えなければならないようなことはなく、今までと同じ生活をしていて大丈夫なので、深く落ち込む必要はありません。医者と相談しながら、うまく付き合って行くようにしましょう。
 
 

緑内障とメグスリノキ

 

メグスリノキができること

メグスリノキは江戸時代の初期からその効果を知られていました。

そのころは枝や樹皮、葉を煎じたものをハマグリの貝殻に入れ、そこに目をあてて洗眼するようにしていたようです。
目の様々な症状に効果があるので「メグスリノキ」と名付けられました。

その後、西洋医学の発達と発展でその存在は段々と薄くなってきましたが、地方や山間部では眼病に効く民間薬として伝えられてきました。

その効果が科学的に研究され始めたのは1971年のことで、星薬科大学の伊沢教授を中心に研究が進み、メグスリノキに含まれる成分が目や肝臓に効果があることが実証されました。

・ 眼精疲労
・ かすみ目
・ 結膜炎
・ 白内障
・ 緑内障の眼圧低下
・ 肝機能の強化

メグスリノキと漢方薬の服用で23ミリあった両目の眼圧が、二週間で15.5ミリまで下がった実例もあるようです。
このように、今日飲んで明日には良くなるといったものではありませんが、服用される方の体質や症状によって、メグスリノキの効果が顕著に現れるケースもあります。

慈眼寺のメグスリノキのお茶「眼茶」は、メグスリノキ100%のお茶です。
実際に飲まれている方からは

・ 眼圧が下がって安定している
・ 緑内障が進行していない
・ 飛蚊症が改善じた
・ 眼科医から驚かれている

などと嬉しい声がたくさん届いています。

緑内障は早期発見と予防が大切です。
まだ緑内障になっていない方も、その予防としてメグスリノキのお茶「眼茶」を飲むことを強くお勧めいたします。




 


 

2022-12-07 17:03:41

緑内障