×

商品詳細

メグスリノキ商品

ページ一覧

HOME»  メグスリノキについて

メグスリノキのお茶は、目だけでなく肝臓にも効能があります



 

   
メグスリノキのお茶「眼茶」は国土交通省関東運輸局主催のTOKYO AND AROUND YOKYO ブランドの認定商品
株式会社慈眼は農林水産省「NIPPON FOOD SHIFT の推進パートナーです


メグスリノキとは

メグスリノキは、実は日本だけに生息するムクロジ科カエデ属の落葉高木で、別名「長者の木」「千里眼の木」とも呼ばれています。

戦国時代からの民間療法で、樹皮を煎じた汁を目薬として使用するとさまざまな効能があると伝えられてきました。

実際に研究した結果、目に有用な成分がたくさん含まれていることが科学的に実証されています。

メグスリノキはカエデ属なので、葉っぱの形は紅葉(もみじ)のような形をしていて、秋には色も赤くなります。

メグスリノキの効能

メグスリノキの効能

メグスリノキには緑内障や白内障、視力の低下といった眼病だけでなく、肝機能を向上させる有用な成分もたくさん含まれています。副作用はほとんどありません。

樹皮や葉っぱ、枝などにはタンニンの一種「ロドデンドロール」「カテキン」といった成分が含まれていて、抗菌効果や利尿作用を促進する効能があります。

その他にも、血圧や血糖値を下げる働きや肝機能の解毒作用が向上するといった体にプラスな効果がメグスリノキには、たくさんあります。

 

目と肝臓にいい


御祈済みの目のお守りです

眼茶

慈眼の眼茶(めちゃ)は、100%メグスリノキだけのお茶です。
さらに「め」のお寺慈眼寺で皆様の笑顔と健康、開眼開運を住職が御祈願してあります。

ご利益があるメグスリノキのお茶を、飲む「め」のお守りとしてご利益と一緒にお召し上がりください。

眼茶をお飲みいただいた方からは、喜びの声をたくさんいただいています。

メグスリノキの枝と樹皮を細かくして作ったお茶「眼茶」の作り方は簡単。ティーバッグを熱いお湯に入れるだけ。

焙煎してあるのでメグスリノキ特有の苦味を抑えて、まろやかな味わいです。

ティーバッグひとつで1リットル作ることができます。1日かけてゆっくりとお召し上がりください。

ヤカンや鍋で水から沸騰させて、10〜15分煮出していただくと、さらに美味しく成分も抽出されます。

ノンカフェインなので、お子様からお年寄りまで、いつでもお気軽にお飲みいただけます。

お試しください 

暑い季節には冷やしても美味しい!メグスリノキを使った、めちゃネードの作り方